ソーニャ文庫

歪んだ愛は美しい。

蜜惑の首飾り
  • yondemill
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 7net

蜜惑の首飾り

著者:
しみず水都
イラスト:
ウエハラ蜂
発売日:
2015/07/03
価格:
600円(税抜)
 

君はもう、私のものだ。

没落した伯爵家の令嬢ユーリアは、ある日、初恋の青年エリアスと再会する。成長した彼は侯爵家を継ぎ、軍人としても名を馳せていた。そんなエリアスが突然求婚してきて……? でも、自分では彼に釣り合わない。断るユーリアだったが、彼から贈られた首飾りをつけたとたん、不思議な感覚にとらわれる。「それをつけている限り、君は私の言いなりだよ」首飾りの力に支配されたユーリアは、情熱的に抱かれ、身も心も蕩かされていき――。

登場人物紹介

ユーリア

ユーリア

元伯爵令嬢。修道院で暮らしていたが、エリアスから結婚を申し込まれて……?

エリアス

エリアス

ユーリアの初恋の青年侯爵。不思議な首飾りの力を使い、ユーリアを……。

お試し読み

「君が素敵すぎて堪らないんだ。肌も滑らかで……」
 ユーリアの頬に当てていた手を首筋から肩へと撫で下ろす。
「あ……っ」
 肌を撫でられた刺激でびくっとした。
「胸も大きくて魅力的だ」
 鎖骨から更に下へと移動したエリアスの手は、ユーリアの白い乳房を包むように掴む。彼の手を目で追っていたユーリアは、そこではっとした。
「わたしったら……」
 ドレスもコルセットもパニエも身に着けていない。ロゼル・ライトの首飾りと、靴下を留めるレースのガーターベルトが腰に残っているだけだ。
(いつの間に脱がされたの?)
 エリアスとひとつになって口づけをしてからは、記憶が曖昧だ。頭の中がふわふわして思考が定まらない。そのせいなのか、自分のはしたない姿に気づいても、それほど深刻なことと捉えていない。
 エリアスから与えられる甘い刺激に、身体と意識が支配されていた。
「あぁ、そこは……んんっ、うっ」
 エリアスの手のひらが乳房を揉みしだく。乳首を摘まんで捩られると、もたらされた快感に溺れて、喘いでいるしかなくなる。
 今のユーリアはエリアスにされるがままだ。
「これ気持ちいい?」
「ん、いい、あぁぁっ」
 両方の乳首を同時に弄られて、双方から伝わる快感に首を反らして喘ぐ。
「可愛い声が出るね。これも嬉しい誤算だったよ。官能は力で操れるものではないからね。君の資質と私との相性がいいということだ」
 本当に嬉しそうな表情で、一方の乳首を舌先で舐めた。乳首を温かくて濡れたものに刺激され、淫らな熱が発生する。
「は……あ、あぁっ」
 喘ぎながら身体を震わせた。
 先程も散々舐めたり吸ったりされたけれど、今の方がずっと強く感じる。快感の熱が身体の奥からずくずくと発生してきた。
「エ、エリアス……さま……! おねがい……」
 未経験の感覚が身体の中で膨らんできて、激しく困惑する。エリアスの肩を掴んでいた手に力を込め、彼を呼んだ。
「なにをお願いしたいのかな?」
 口に乳首を含んだまま目線を上げ、赤い顔のユーリアに問いかける。
「それ、されると、変なの……身体の中が熱くて、おかしくなりそう……あ、もう、吸っては……んんっ」
 ビクンビクンと震え、息を乱しながら訴えた。
 エリアスは乳首を嬲るのをやめて顔を上げる。
「本当に君は感度がいいね」
 華やかな笑みを浮かべて、ユーリアの唇にちゅっとキスをした。
「ああ、動いては……」
 エリアスの動きで身体が揺れ、下腹部が疼く。
(あ……な、なに?)
 エリアスとキスをしてからは、引き攣れと痛みが消えて圧迫感だけが残っていた下半身が、熱くなってきた。
「ん? 中が動いたね」
 エリアスが片眉を上げて微笑む。
「ん……あ、あぁ……っ!」
 剛棒を咥え込んだ蜜壺の中から、淫靡な熱が発生している。
「もぞもぞしてどうしたの?」
 エリアスの手のひらが、わき腹から腰に向かって撫で降りてきた。ぞくぞくするものが背中を駆け上がる。
「中が……熱いの……」
 身体を震わせながらユーリアは答えた。
「中とは、ここのこと?」
 腿の上にいるユーリアの身体を、下から突き上げる。
「はっ、あっ、そこ……あぁっ」

関連書籍



Search

キーワード

カテゴリ

キャラ

シチュエーション