ソーニャ文庫

歪んだ愛は美しい。

皇帝陛下は逃がさない
  • yondemill

皇帝陛下は逃がさない

著者:
山野辺りり
イラスト:
五十鈴
発売日:
2014/07/03
価格:
600円(税抜)
 

もっと君を可愛がりたい。

小国の末姫シシーナのもとに突然届いた結婚の申込み。相手はなんと、冷血で残虐と噂される大国の皇帝レオハルト。攫われるように彼のもとへ嫁いだシシーナだったが、豪華な鳥籠に閉じ込められて……!? どうして私をこんなところに? 理由を聞こうとしてもはぐらかされ、甘い言葉と執拗な愛撫で彼の手管に呑まれてしまう。身体だけじゃなくて心も通じ合いたいのに――。そう悩んでいた矢先、とある事件に巻き込まれ……?

オンライン書店
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 7net
電子書店
  • kindle
  • kobo
  • booklive
  • ehonto
  • e7andy
  • ebookjapan
  • ehonto
  • bookwalker
  • renta

登場人物紹介

シシーナ

シシーナ

小国オールロの末姫。突然の求婚でレオハルトの妻となる。

レオハルト

レオハルト

大国ケントルムの皇帝。冷酷非道で女性関係が派手という噂だが……?

お試し読み

「この鳥籠と足枷のお陰で、絶対にシシーがどこにも行けないと思うと、とても安心する」
 鎖を指に絡ませ、レオハルトは恍惚感を滲ませた。
「ふ……くっ、ぁ……」
「可愛いシシー。こうすると、君の全てがよく見える」
「……っ!」
 指で開かれた場所に、生温かい舌が這った。強烈な快感でシシーナの太腿が痙攣する。崩れ落ちそうになるのを支えるように腰を掴まれ、逃げることは叶わない。
「……っや……!」
 気持ちがいいと叫んでしまいそう。だが、それはしたくなくて歯を噛み締めた。それでも甘い吐息だけは堪え切れず、鼻に抜けるのは媚びた鳴き声だけ。
「……アッ、ん、ん……ぁっ」
「は……硬くなってきた……それに赤く熟れて……」
「言わないでください……っ!」
 ぴちゃぴちゃと、仔猫がミルクを舐めるような音と共に下腹部が熱くなる。溜まる熱が溶け出して、秘所を更に濡らした。
 レオハルトはシシーナを舌で愛撫することを好み、絶対にやめてくれない。それどころか、シシーナが嫌がれば嫌がるほど熱心に顔を埋める。慈しむかのように優しく舌が動かされ、丁寧に花弁を解した。
「は……っ、あっ、あう……ッ」
「ん……シシーのここは狭いから、よく濡らさないと。でも、そろそろいいかな? 私も君の中に入りたい……」
 情欲に乱れたレオハルトの声が艶めかしく揺れた。
「は……、レオハルト様のお好きなように……!」
 拒む術など持ち合わせてはいないのだから、本来であればレオハルトがシシーナの意思など確かめる必要はない。けれど彼はいつでも問いかけてくる。
「……聞きたいのは、そんな言葉じゃない」
「あッ、ぁあ───っ」
 落とされた呟きは、不機嫌と悲哀が入り混じっていた。
 慣れたとはいえ、大きな質量で貫かれる瞬間は苦しい。シシーナは押し広げられる痛みと快楽に一瞬で支配された。
 四つん這いのまま腰を固定され、背後から欲望を叩き付けられる。ガクガクと視界が揺れ、力の抜けた腕では身体を支え切れない。シシーナはシーツに頬を擦り付け泣き喘いだ。
 聞くに耐えない淫らな水音が鳥籠の中に反響し、鎖の金属音が奇妙に続く。
「……ゃ、ァッ、あぅっ……あっ」
「シシー、もっとだ。もっと鳴いて」
 シシーナの柔らかな尻にレオハルトの硬い肌がぶつかる。その度に狂うほどの快楽が生まれ、奥を抉られると何も考えられなくなってしまう。そのうえ合間に敏感な蕾はもちろん、胸の頂さえ弄られて激しく身悶えたが、レオハルトの体の下から逃れることは叶わなかった。

関連書籍



Search

キーワード

カテゴリ

キャラ

シチュエーション